読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二十五の峰、空高く♪

~標高850mの故郷 『栃洞』の想い出~

排滓

いま思い返すと
夢なのか実際にあった事なのか
曖昧な栃洞の記憶が1つあります。

それは、泉平に住んでいた同級生とその弟と3人、
泉平の社宅のさらに下った所から和佐保の排滓まで
トンネルを歩いて抜けた事です。

トンネルは人が1人立って歩ける大きさ。
裸電球が間隔をあけてぶら下がっていました。
横には道路わきにあるのと同じ大きさの側溝が
腰の位置ほどの高さにあり
そこを例の独特の臭いのする〝不要物〟が流れていました。

地図でみると相当な距離ですが
そんなに嫌になる程歩いたという記憶もありません。
当時、小学生だったのですが…。

このトンネル自体が存在したのかどうか
どなたかご存知ないでしょうかね。

自分の中では、6:4の曖昧な記憶です。
6が実際にあった記憶の確率で

4が…ただの夢の確率です(^^♪

 

ランキングに参加しています。
ポチッと応援していただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
にほんブログ村