読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二十五の峰、空高く♪

~標高850mの故郷 『栃洞』の想い出~

スキー

小学校1年生の冬。
神岡の街から通洞に引越して
鉄筋アパートの屋上から二十五山を見上げると、
とんでもない急な斜面にポールを立てて
スキーをしている人達の姿が。
転倒して転げ落ちる様子にスキーへの恐怖心をいだきました。

しばらくして小学校のスキー大会がありました。
場所は「泉平スキー場」。
泉平地区の一番下の方にあって
鹿間の鉱山病院へ抜ける山道の一部でもあります。
私はスキーは全くの初心者でしたが
栃洞の子は女の子でもスイスイと滑っていて
少々悔しい思いをしました。

冬の体育はほとんどがスキーで
スキーは学校に置きっ放しでした。
授業は学校から鉱山グランドに向かう坂道&階段で
行われますが、最初の雪踏み作業がきつくて大変でした。

しばらくすると
鉱山職員寮から鉱山グランドまでをきれいな坂に整地して、
ナイター設備完備のスキー場が完成しました。
でも冬の栃洞の夜は、スキーをするには寒過ぎて
あまり利用しませんでした(笑)

 

ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
にほんブログ村