読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二十五の峰、空高く♪

~標高850mの故郷 『栃洞』の想い出~

猛吹雪

私が神岡市街地から栃洞に引越して最も驚いた事…。
それは冬の猛烈な吹雪でした。

神岡の市街地も、そこそこ雪が多いのですが
栃洞は、雪の多さ、降り方ともに
全く比べものにはなりませんでした。

二十五山の西斜面にある立地のため
北西方向からの風雪が、まともに直撃する恰好です。

雪というものは上から下にしんしんと降るもの。
そう思っていましたが
栃洞の吹雪は真横に降ります。
そして、一瞬息が出来ない真空のような状態に陥りました。

吹雪の日の朝は
屋外放送で「お猿のかご屋」や「かごめの水兵さん」
などの童謡により休校や登校時間繰り下げの連絡が
ありました。

その放送さえ、風の音で聴き取りにくく
〝休みにならないかなぁ〟と念じつつ
窓を少し開けて耳を澄ましていたのを思い出します。

 

ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
にほんブログ村